タグ別アーカイブ: 集客

お金の流れを作る

見込み客を集めて商品を売り
その後の流れまで作れていますか?

まさか、いきなり商品を並べて
買って貰っておしまいなんて
ことはありませんよね。

30年前ならそれでも
売上げ続ける事ができた
らしいですが、

現在では無理があります。

それというのも、

30年前と違ってモノが
あふれているからなのです。

多すぎて迷ってしまうと
人は買うのを保留に
してしまいます。

だから、それしかない状況に
持ち込みたいのです。

その流れをつくります。

あなたの商品が欲しいと言う
ところまで導いてあげます。

あなたの商品を選ぶのが
お客さんにとって一番だと
確信しているなら無理なく
出来ると思います。

あなたものどが渇いたら
営業されなくてもジュース
買いますよね。

それと同じ状態までもっていく
ということです。

是非考えてみてくださいね。

ここまで読んで頂いて
ありがとうございます!

ストーリーをマーケティングで使う方法

小説でも書いて稼ぐというのでは
なく、商品を売るのに使います。

ストーリーを使えば、
興味を引くことができます。

そのなかで商品について語れば
興味を持って読んで貰いやすいのです。
ドイツのあるビールメーカーの
話で面白い話があります、

売上げに伸び悩んでいて、
プロに相談したところ、

「ビールの製造工程を公開しましょう」

って言われたそうです。

そこで公開したところ

かなり手間暇かけて作っている
というのが伝わって売上げが
上がったのです。
ストーリーって言うと
難しく感じるかもしれませんが、

苦労したり、こだわったり
時間やお金をかけてやってきた
ことって必ずありますよね?

ビール話のように手間暇かけた話とか
苦労話とかはきちんと語ると
”商品の価値”が分かりやすいのです。

話の流れは”プロジェクトX”とか
”下町ロケット”あたりを
参考にすると感動的なストーリーが
できそうですね。

是非考えてみてくださいね。

ここまで読んで頂き
ありがとうございます!

ストーリーには鉄板と呼ばれる構成があります。

ハリウッド映画はこの構成じゃないと
候補にすらならないらしいです。

ハリウッド映画と言うと
「バックトゥーザフューチャー」とか
「スターウォーズ」とかです。

それだけ王道のストーリー言う事ですね。

そこでは必ず

1.旅立ち
何のちからも持たない一般人の主人公が
あるきっかけで事件に関わることを決意

2.困難
当然すぐに行き詰まる

3.出会い
師匠に巡り会ったり、
反撃のキッカケに気づく。

4.新たなちから
新しい力を手に入れる。
新しい案を思いつく

5.敵
新しい力で敵を倒す

6.帰還

先に書いた、苦労話では
必ずこれらが入る入っていますよね。

だから面白い話になります。
それぞれのフェイズでもっと
マーケティングで使う
コツも紹介しますね。

1.旅立ち
読み手と共通のところがある主人公
にします。

2.困難
強ければ強いほど良いです。

3.出会い
これが”あなた”になるように
する。

4.新たなちから
USPが分かりやすいと
すごくいいです。

5.敵
気持ちよくたおしましょう。

6.帰還
祝福してくれる人がいて
結婚とか明るい未来を描けると
なお良いです。

”次はあなたです”

ここまで読んで頂き
ありがとうございます!

 

あなたの商品・サービスのストーリーを
是非聞かせてほしいです。

考えるのに良い機会になりますし
ここなどで紹介したいと思います。

「と言っても自分で考えるのは
きついなあ」と言う方は
私がストーリーを引き出します!

スカイプでやるので、1,2時間
くらいを見て頂ければと思います。

ご相談はコメントでください。

入力されたメールアドレスに
ご連絡致します。

なお、メールアドレスは非公開
ですのでご安心ください。

商品をつくらないで売る裏技【合法】

ビジネスをしようと思ったら
まず商品を作りますよね?

。。。

それはまあ順当な方法です。

何かしたいことがあって
それを形にしてみるのは
いいですね。

ただ、ちょっと考えてほしいこと
あります。

世の中には、役に立ちそうだからと
思った人がいて作られた商品が
たくさんあります。

しかしながら、ほとんど売れていません。

誰が買うんだろうというものは
やっぱ買う人も少ないわけです。

だから商品を先に作ってしまうと
ほとんど売れません。

多くのビジネスが上手くいかない
原因のひとつです。

じゃあどうするのかというと、
商品を作る前にテストします。

~ということが出来たら嬉しいですか?

と聞くのですね。
実際サンプルがあって体験できると
良いですが、無料サンプルとして
配れないなら無しがいいです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なぜかというと、実際に販売する
流れをテストするからですね。

実際にやるときに使わない方法で
テストしてうまくいっても、
実際うまくできるか怪しくなって
しまいます。

だから何も無くても安心して
テストしてください。

そして売れたら商品を作ります。

是非どんどんテストしてみましょう!

余談ですが、
この方法は昔大企業がやって問題に
なったことがあります。

広告を打って販売したのに
商品がなくてそのままおわる
という詐欺みたいなのが出た
のです。

その影響でPPC広告では
実態の無い商品の広告は出せなく
なっています。

テストするときに実際に契約しても
いいのですが、お金のやり取りは
商品を売る目処がついてからに
した方が良さそうですね。

ここまで読んでくれてありがとう
ございました!

追伸:
それではちょっとテストさせてください。

このテストをするというのは
実際に見込み客のところに行ったりして
セールスするということになります。

ですが、既にビジネスをされていて
作業や集客に忙しいとせっかくの
アイデアが眠ったままになって
いませんか?

アイデアマンであるあなたの
アイデアが眠ったままというのは
大きな損失です!

だから是非テストしましょう!
と言ってもあなたは忙しい
もしくは見込み客に会うのは嫌だ
と躊躇していませんか?

それなら、私にお任せください。

最初にアイデアについて聞いた後は
こちらで全て行います。

2~4時間程度の見込みです。

それだけで、後は全部テストしますので
あなたは今のビジネスに集中して
ください。
手順としては、
1.アイデアを聞き出します。

2.そのアイデアを売るトークを作ります。

3.見込み客の方にアンケートという形で
ヒアリングに協力していただきます。

4.ヒアリングを大体10名程度にする予定です。

3.はリストが無い場合には
協力者を探すのにコストが
一番かかります。

価格についてですが、
トータルで1件100万円としたいところですが、
リストがある場合には半額の50万円です。

納期は1ヶ月を見込んでいます。

ただ、まだテストということもあり、
中身が決まっていないので、モニター
参加ということでご協力いただける

場合は10万円(リストありは5万円)

でやります。

モニターになった場合は、事例として
掲載させて頂きます。

後日で良いので、インタビューさせて頂けると
嬉しいです!

このテストを利用すれば
マーケティングのプロの見地から、
売れる商品の提案までします。

売れる商品を売り出せばすぐに
リターンが得られることでしょう!

むしろマーケティングのプロが
ヒアリングするので今やっている
ビジネスより儲かって
しまうかもしれません。

ちょっと嫉妬しそうです。

モニターの募集は”3名様”までですが、
実施時期が重なる場合は相談させて
ください。

この件についてのお問い合わせは、
コメントをください。

入力されたメールアドレスに
て連絡させて頂きます。

メールアドレスは非公開です。

プライバシー情報は全力でお守り
しますのでご安心ください。

ご協力ありがとうございます。

66%の損失を防いで3倍儲かる性格マーケティング

人によって性格ってちがいますよね。
その違いの影響はおおきな損失を
生み出しています。

。。。
性格がみな違うというのは
十人十色と言うようになんとなくは
分かっているかと思います。

じゃあそれを普段気にしているでしょうか。

だいたいの人は気にして無いです。

というより気にするのが難しいこと
なのです。

これは脳科学的に

”自分の信じていることを信じる”

という機能のためです。

この機能があるために、

あなたと相手が違うことを
忘れてしまうのです。

「自分と同じように考えるだろう」
と思ってしまうのです。

よく考えれば違うことは
分かるのにです。

私も昔は、「なんでこの理屈で
納得しないんだろう。頭悪い
んじゃないか」と失礼なこと
思ったものでした・・・

そんな機能いらないんじゃないか?

と思うかもしれませんが

あなたがあなたであることを
信じる機能でもあるので、

無かったら自分が何であるのか
分からなくなってしまい
精神崩壊して廃人になって
しまいます・・・。

なので、無くすというのは
難しいかと思います。

このように相手を自分と同じようだと
思うので、その違いを忘れないように
しておくと普段の会話でのすれ違いが
減ってより仲良くしやすくなるでしょう。

奥さんとか子どもとか友人とか
上司とか同僚とか業者とか
普段話している方と話す時に
意識していれば
何でこの人はこんなこと言うんだろう?
だとか
どうして分かってくれないんだ
などと

いちいち
イライラしなくて済むように
なれると思います。

おっとビジネスで重要という話でしたね!

ビジネスでもイライラしないのは
良いと思いますが、
それよりも、話し方やコピーで使うなら

対応しておきたい3つのタイプがあります。

一つ目は
直感で決めちゃう型
キャッチコピーだけとか、冒頭の話を
しただけで決めてしまう人です。

長い話や文章はスルーします。

行動的な方が良く当てはまるので、
起業家には割と多いです。
二つ目は
理論型
なぜなのかどうして出来るのか
納得できれば決めます。

長い話や文章を読んで中身に
納得するまで決めないでしょう。

ただしキャッチコピーで引っかからないと
読んでくれないのは当然なので常に読んで
くれる訳とは違います。

控えめで真面目な
日本人に多いタイプです。

私もこれですね。

三つ目は
共感型
お客様の声や知り合いの意見で
決める人。

これはあった方が良いのは
分かりますよね。

ただ、自分がこのタイプだと他が
おろそかになるので、注意が必要
なのです。

理論タイプの人にお客様の声から
入ると「知るか!」って思われて
ます。

特に30代くらいの人達って、
”人と違う事が素晴らしいことだ”
という中で育ってきたので、
他人は他人と考えています。

人が良いと言っているから大丈夫
と思わない人達です。

さて、三つのタイプあなたは
どれが当てはまったでしょうか。

性格は三つだけではありませんが、
ビジネスでは全てを網羅するのは
意味がありません。

対応コストが利益に見合わなくて
赤字になってしまいますからね。

お客様向けに文章を書く時には
3つのタイプがあることを意識して
かいておくといいですね!

今回は

行動、感情、共感の3タイプについてお話しましたが、

他にも

なぜ、なに、どうやって、いますぐ という
行動したくなる説得内容や

人、場所、モノといった興味がある対象
とかもあります。

コピーであれば、それぞれに響く言葉を
用意すると漏れが無くいけます。

目の前にいるなら、何に興味があるのか
その価値観は何かを分かる事ができれば
無敵になれるでしょう。

でも間違えても脅しちゃダメですよ。

ではまた!

ここまで読んで頂き
ありがとうございました。
もっとここが聞きたいなどリクエストが
ありましたらご気軽にコメントや
メッセージを頂けると嬉しいです!

商品を売る前に想いを売り込むーベネフィットからフラグシップへ

「何」ではなくて「なぜ」で商品を売る方が
より魅力的でファンが獲得しやすいと
思いませんか?

ビジネスをはじめて商品を
売り始めると、

ついお客様の利点を忘れて
商品の説明だけをしてしまいがちです。

30年前だったらそれで
商品は売れていきました。

しかし、10年くらい前からそれだけで
は売れなくなってしまいました。

皆が既に商品を持っている状態に
なったからです。

現在ではさらに状況がすすみ、

商品があふれています。

人々は毎日たくさんの商品にふれながら
過ごすようになりました。

さらに困ったことに
この商品の中には良い物も悪い物も
あったのです。

あなたも注文した料理が不味かったり、
買った機械がすぐに壊れたり、
使い方が分からなくて捨ててしまった
ものがありませんでしたか?

これらの経験から、商品について説明しても
簡単には信じられなくなってしまいました。

まずは信じて貰うことが大事になったと
いうことです。

あなたも信用している保険の営業の方から
なら保険を申し込んでもいいと思いませんか?

これをやる上で大事なのは仲良くすることも
ありますが、

フラグシップをつくるという方法があります。

iphoneを作ったアップルが仕掛けて成功した
方法です。

スティーブ=ジョブズのプレゼンテーションは
有名なので見たことがある方もいるかもしれません。

その中で、ジョブズは

「世界を変えます」

と言っています。

これにファンになった人は
アップルの製品を買うように
なりました。

積極的に宣伝もしています。

横道にそれますが、
パソコンの互換性の問題が完全に解消されないのは
アップルの策略ですね。

ファンが製品を薦めやすい理由を作っています。

話をもどすと、

世界を変えるために
商品を作っているという
理由をつけることで、
ファンを作って売っているわけです。

ちょっと上場企業だと規模が大きすぎるので
お花屋さんで考えてみますね。
①商品を売る、②ベネフィットを説明、③フラグシップ
とすると、
①可愛い花を売っています。
②あなたの生活に癒やしを与えます。
③心を癒やし世界に平和を
あなたに平穏をもたらします。

③の方がちょっと良いと
思いませんか?

応援したいと思ったら
あなたはすでにファンになっています。

という感じです。

これは効果的なので、
是非やってみてくださいね。

あなたのフラグシップ教えて頂けると
嬉しいです!

一緒に世界を変えましょう!

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

ビジネスとギャンブルで稼ぐ

こんにちは、新井です。

本日の話はギャンブル、の話ではなく

成功するビジネスの話です。
ビジネスが生き残る割合は

3年で10%です。

 

という記事を見たことがありますか?

 

こういうのを見ると

10%の”確率”で成功する

という、まるでギャンブルであるか

のように思えませんか。

 

でも、ビジネスがギャンブルだと

困りますよね。

 

大丈夫、安心してください。

 

ビジネスはギャンブルではありません。

 

成功失敗が確率で起きることもありません。

 

その代わり

必ず成功する

必ず失敗します。

 

前述のビジネスが生き残る割合は

”成功する側だったのが10%”

だったというだけの話です。

 

もちろん、あながは成功したいと

思います。

 

なら

必ず成功する

側になる必要がありますよね。

 

そんな、方法があったら

知りたいですか?

。。。

 

お教えしましょう!

と言いたいところですが、

 

残念ながら、万人が成功する方法は

存在しません。

 

自分に合った成功方法は試してみる

まで分かりません。

 

でもこれ、

試してみれば分かる

ということです!

 

つまり、

試し続ければ必ず成功する

ということです。

 

アイデアは無限にあるので

試す事が尽きることはありません。

 

とは言えテストし続けるにも

お金は必要だと思いましたか。

 

そうですね。

 

ある程度は必要です。

 

ですが、お金を使わなくてもテストする事は

可能です!

 

お金がかかる・・・

 

と止まっているなら

 

まずは隣にいる人に聞いてみてください。

 

聞くだけならお金はかかりません。

 

他にもいろいろな方法があるので

考えて、

試して見て下さいね!

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

稼げる資格とマーケティング

稼げる資格はなんだろう?

と考えていました。

検索してみると
稼げる資格について探して
選択の基準とか
これだ!とか
言っているようですが

そもそも稼ぐのに資格なんて
必要ありません。

そして、資格があっても稼げないのは
そこに理由があります。

そもそも稼ぐに当たって必要なものは
資格ではなかったのです。

それに気づかずいくら稼げる資格を
探して、高い講座料金を払って
資格を取ったとしても、講座料すら
稼ぐのは簡単ではありません。

そしてノウハウコレクターが
出来上がってしまうわけです。

あなたがまだ複数のノウハウに
手を出していなければ幸いです。

稼ぐなら必ず学ぶ必要があり、
資格を教えてくれる人が教えて
くれない”あること”があります。

それは、

”マーケティング”

”セールス”

です。

これに気がつけないのは、
学校で教えてくれないからです。

学校では言われた事をやればいいですよね。

だから、言われたとおり資格をとって
来られたのだと思います。

しかし、学校では商売のやり方は教えて
くれません。

たとえ、経済学部であってもです。

そして、おそらく商売が誤解されています。

商売は
”作って売る” だけだと
誤解されています。
昔は、それで良かったのです。
作れば売れる時代でした。

しかし今は違います。

作っても売れない時代になりました。

もう、20年以上前からです。

その理由のひとつとしてものが十分に
行き渡ったからだと言われています。
例えば、TVとか冷蔵庫が無いのは
特殊な趣向の方だけですよね。

こうして、
作っても売れなくなった今の時代
だから、売る為のノウハウ

”マーケティング”と”セールス”
は稼ぐために欠かせない要素になりました。

是非、次の資格を探す前に
マーケティングとセールスを
身に着けてみてくださいね。

==================================
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

聞きたい事、分かりにくい事などありましたら
コメント頂けますと嬉しいです!

資格を取っただけでは分からない、ビジネスの全体像(しくみ)

格を取って●●を売り始めた方が
売上げが上がらないのは、
ビジネスの全体像、しくみを
知らないからなのです。

ビジネスは
お客様と
商品・サービスが
あるのは絶対条件なのは分かりますよね

そうなると
商品・サービスを
お客様に見せて売り始める訳です。

これは厳しいです。

昔は、それでも商品・サービスの種類が
少なくて選びやすかったのと、そもそも
持っていなかったので買ってくれていたのです。

「えっ、持っていないってそれは
今でも一緒じゃないですか?」

そうですね、買っていない商品・サービスは
まだ持っていないのは当然です。

しかしながら、昔はそれに代る物も
無かったのです。

「代る物?」

昔はTVに代るものはありませんでしたが、
今ではパソコンでもTVは見れますし、
スマホでもいいです。

そもそもTVなんて見なくてもゲームしたり
インターネットでニュース見たりすれば
いいだけです。

つまり、競合がすごい多いのです。

しかも、既に何かしら持っていて
それで代用できる場合が多いです。

それは、もう売れませんよね。

従って、商品をそのまま見せても
お客さんは要らなそうにするだけなのです。

だから、きちんと説明する必要があります。

お客様にとって代用がきかないほどの
商品である理由を説明する必要があります。

これでようやく売る事ができるように
なりました。

「そんなこと言っても聞いてくれる人なんて
いませんよ・・・」

そうです。

聞いてくれません。

だから聞いて貰うためのプロセスが
必要です。

あなたなら誰の話なら聞くでしょうか?

おそらく信頼できる人を思い浮かべたと
思います。

そう、信頼される、ことが大事なのです!

私はこれを信頼構築と呼んでいます。

心理学の用語にもありますが、
ほぼ同じ意味です。

「それってコミュニケーションの技術ですよね?」

そうです。

ですが、ビジネスの場合にはもう一つ
使える方法があります。

それは、商品を使う事、です。

お客様は商品を使う事によって、
信頼を寄せる事になります。

つまり、商品をなんとかして使って貰って
信頼して頂き次の商品を買って頂く

これを繰り返していくことが
ビジネスの肝なのです。

実際は信頼するまえにお客様がいなくては
仕方が無いので、最初は人を集めることに
なりますが、これは当然ですよね。

まとめると、ビジネスのしくみというのは

人を集めて
信頼構築して
売る

という3つのステップを回すことなのです。

この中で素人には分からないのが
信頼構築する
ことなのです。

正確には売り手になった瞬間に
忘れます。

自分では信頼構築して貰ってからでなければ
絶対に商品なんか買わないのに

売り手になった瞬間それを忘れて、
商品を売り始めてしまう、、、

もし保険を買ったことがあれば
分かると思うのですが、
営業マンを信頼したから契約した
はずです。

信頼出来ないのに契約したいとは
思いませんよね?

はい、だからおおいに信頼されましょう。

手段はたくさんありますが、
まずは意識していくのが大切です。

ではまた!

ビジネスで使うたった5つの要素とは?

企業戦略の5つの要素

佐藤義典さんからお借りした
理論をプロモーションと結びつけてみる。

5つの要素は

1.Battle Field 競合
2.Asset 独自資源
3.Strength つよみ
4.Customer 顧客
5.Message メッセージ

というものです。

それぞれは新しい要素ではなく
経済学の権威の方々が論じてきたものです。

中小企業の社長さんなどが
忙しい中使うにはこのくらい
デフォルメしないといけないのですね。

この5つの要素に齟齬がないように
作り上げていきます。

そうすることによって無駄な失敗を
減らすということです。

わざわざなんとか分析とか
大規模な市場調査とかそういうのを
やらないでいく方法とも言えますね。

今回は一つ目の
競合についてです。

プロモーションではお客様のところで
考えている話です。

お客様が考える比較対象の集まりが
競合になります。

同じTPOで同じベネフィットを提供している
とも言えます。

例えば、

ファーストフードの競合を考えてみます。

次にTPOとベネフィットを決めます。

いくつもあると思うのですが、ここでは
以下の様にしたいと思います。

仕事が立て込んでいる時、早めに昼食をすませたい、
さっと食べられてそれなりに満足出来るもの。

こういうときにファーストフードは便利ですよね。

牛丼とかハンバーガーとかすぐに出てきて
5分とかでも出られます。

今ではうどんとかそば屋とかおにぎりとか
あると思うのですが

これってコンビニでもいいですよね。

お弁当でもパンでもすぐ手に入って
食べられます。

女性の方とかなら、カップ麺とかでも
いいかもしれません。

TPOとベネフィット設定次第で考える事が多くなりますね。

どの程度にするかは、最初は出来るだけ細かい
方がいいので、性別も決めておいた方が
間違いが少なくてすみます。

広げるのは戦略が当たった後で良いです。

次回予告

強みを考える。

独自資源の役割とは?

時間軸を考える事によって長期に通用する
戦略になる

それでは!

参考資料はこちら

マーケティングとは?

こんにちは、
新井です。

今日のテーマは「マーケティング」についてです。

「マーケティング」ってビジネスをしている
方であれば誰でも聞いたことがある言葉
だと思うのですが、人によって捉え方が
違います。

”集客”とか”広告”とか”PR活動”とかが
よくあります。

私の場合は佐藤義典さんの受け売りで
”商品・サービスを売るためのすべての行動”
としています。

”集客”も”広告”も”PR活動”も”販売”も
決して切り離せない関係にあるため
分けられないんですよね。

全体を考えないと論議が出来ないんです。

全体を考えることが大事です。

部分で見ていると全体では食い違いが起きて
しまいます。

販売は値引きして安く売りたいのに
PRでは高く見せようと頑張ると
お客様は混乱してしまうんです。

混乱するとどうするか、

適当に選びますか?

そうかもしれませんが、

多くの方は無視します。

分からないので、無かったことに
するのですね。

世の中にはたくさんの情報があるので、
ややこしいのは要らない訳です。

かんたんにして欲しいです。
(あえてひらがなにしました)

私は常に全体を見るようにしているので、
簡単にできるのですが、多くの方は
難しいようです。

そのため、説明しても良く分からないと
言われて来ました。

分からないのでは、お互い困ってしまいますので、
分かるようにツールを用意しました。

それが”6ステップマーケティング”です。

マーケティングとか全体とかそういうことが
分からなくても穴埋めするだけで簡単に
分かるようになっています。

本当にすごいツールだと思います。

ビジネスをするなら100万円を払ってでも
覚える価値があると思います。

もし、興味があるのでしたら
メルマガに登録してみてください。

動画つきで分かりやすく、解説しています。

メルマガの登録はこちら: