タグ別アーカイブ: マーケティング

改善と対策のすべて

ビジネスをしていて凹むときって
ありますよね?

。。。

私はそんなときは栄養ドリンクを
飲んでます。

疲れた時に飲むものなのでしょうが
おいしいのでいいのです。

体に良いかどうかはなんとも。

どなたかご存じの方はいますか?

ところでうまくいかないときは
何か改善策を打つと思います。

そんなとき反省して振り返る
というのは原因究明そして改善に
有効な手段ではあります。

ですが、この方法が有効ではない
時もあることを覚えていって
ください。

そんなこと言われても
どういうことなのか分からないと
思いますが、品質改善では重要な
話なのです。

どうして私がこんな話をできるのかと
言うと

工場で品質管理の仕事に携わってきた
からです。

品質管理の標準規格ISO9001の
検査官の認定も受けています。

そして品質管理では品質改善のも
含まれているのです。

話をもどしますが、
品質改善の方法の1つが”原因を突き止めて
改善する”ことです。

これはあなたも分かると思います。

もちろん他にもあって、
それは

”原因を解明しないで改善する”

方法です。

多分意味が分からないと思います。

これ、品質管理やっている人間すら
ほとんど分かっていない話です。

学校で教えてくれる事と違うし、
有名なト〇タの言う、なぜなぜ理論と
違う話なのですから。

それでどういうことかというと、

”思いつく限りの対策を全部やる”

ということなのです。

原因が分からないと対策なんて
思いつかないのでは?

と思うかも知れませんが、

期待されるスペックややり方から
想定される対策があるのです。

こういった対策が全部で来ていないうちに
原因究明しても、「それ対策してないし」
という事になる訳です。

言い換えると、
対策ができていないのが原因
だと言っても良いです。

これに気づかず、末端の事象の原因
をおいかけても疲れるだけです。

これはビジネスでも同じです。

ただ、ビジネスでは対策を
やりきるにはお金と労力がかかりすぎ
ます。

なので、思いつく限りの改善をする
しかないのです。

しかしこれはビジネスを始める人にとって
障害になるでしょう。

学校の成績が良いほど
会社での成績が良いほど
原因究明してしまうくせがついているの
ですから。

原因も分からず改善するというのは
結果が見えない方法を試すと言う事
です。

会社もビジネス、そうですね。

ビジネスも長く続ければ大体対策が
取られた形になっていくので、
原因究明型の改善ができるようになるのです。

いまの段階をよく考えて使い分けて
みてくださいね。

品質管理の方法を学ぶとこの辺りのことは

全て分かります。

 

ただ、必要も無いのに学ぶと言うのはとても

辛いですから、任せてしまうと言うのも手かも知れませんね。

 

電子書籍における驚愕の事実

電子書籍、

どのようなイメージがあるでしょうか?

 

書くのが大変?

出すのが大変?

 

たしかにそういうのはあります。

 

しかし、注目のメディアであることは

間違いの無い事実です。

 

それに、紙を使わないので自然に優しいですよね。

 

さておき、電子書籍はあると良いです。

 

あなたは本を書いている人がうらやましく

思った事はありませんか?

 

少なくとも、本を出している人は凄い人なのかな

 

と感じるのではないでしょうか。

 

ということは、電子書籍でも本を書いていれば

あなたは凄い人に思われるようになるわけです。

 

これはビジネスやマーケティングにおいては

信頼を構築するのに非常に役に立ちます。

 

あなたのコンテンツの価格を上げて収入を

増やす事もできるでしょう。

 

そう、電子書籍があれば

別に売れていかなくてもいいわけです。

 

もちろん本が売れてなにかしらの分野で

1位が取れれば、見て貰いやすくなりますよね。

 

価格を下げて知り合いに買って貰えば

今なら意外と簡単です。

 

本を書くのが大変だと思われるかも知れません。

 

でもちょっと考えてみて下さい。

 

あなたがいまやろうとしていることについて

話をしたら、一晩くらい話せませんか?

 

それなら、それを文書にすれば大丈夫です。

 

できそうですよね。

 

文章があれば本はできますので、

書いてみてはいかがでしょうか?

 

電子書籍も本として出すには

表紙をつくるとか、

本の体裁をつくるとか

よく分からないし、ちょっと面倒です。

 

そういう方はご相談ください。

 

あまり高くない価格ですぐに出す事が出来ます。

 

気の効いた本のタイトルときれいな表紙

それと順位を上げるのも合わせて、

あなたが一発で凄い先生に見える

電子書籍が出せます。

 

コメント頂ければご案内します。

 

それでは。

ビジネスとギャンブルで稼ぐ

こんにちは、新井です。

本日の話はギャンブル、の話ではなく

成功するビジネスの話です。
ビジネスが生き残る割合は

3年で10%です。

 

という記事を見たことがありますか?

 

こういうのを見ると

10%の”確率”で成功する

という、まるでギャンブルであるか

のように思えませんか。

 

でも、ビジネスがギャンブルだと

困りますよね。

 

大丈夫、安心してください。

 

ビジネスはギャンブルではありません。

 

成功失敗が確率で起きることもありません。

 

その代わり

必ず成功する

必ず失敗します。

 

前述のビジネスが生き残る割合は

”成功する側だったのが10%”

だったというだけの話です。

 

もちろん、あながは成功したいと

思います。

 

なら

必ず成功する

側になる必要がありますよね。

 

そんな、方法があったら

知りたいですか?

。。。

 

お教えしましょう!

と言いたいところですが、

 

残念ながら、万人が成功する方法は

存在しません。

 

自分に合った成功方法は試してみる

まで分かりません。

 

でもこれ、

試してみれば分かる

ということです!

 

つまり、

試し続ければ必ず成功する

ということです。

 

アイデアは無限にあるので

試す事が尽きることはありません。

 

とは言えテストし続けるにも

お金は必要だと思いましたか。

 

そうですね。

 

ある程度は必要です。

 

ですが、お金を使わなくてもテストする事は

可能です!

 

お金がかかる・・・

 

と止まっているなら

 

まずは隣にいる人に聞いてみてください。

 

聞くだけならお金はかかりません。

 

他にもいろいろな方法があるので

考えて、

試して見て下さいね!

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

仕事をすることと稼ぐ事は違う

これは私が気を付けている言葉なのですが、
どういうことなのかというと
仕事してもお金は手に入らない。
ということです。
多分頭に?が浮かんでいると思います。
働かざる者食うべからず
ということわざがありますよね。
これは、食べ物をあげるから働けという
働かせる側のついた汚い嘘なのです。
この嘘のせいで、働く=お金が貰える
という常識を信じてしまうのです。
もしあなたが独立するなら、
この考えは嘘であったと鋭く見抜いた
方が稼ぎやすいです。
実際のところ、タダ働きって
普通にあると思いませんか?
もしくはタダ同然で働いている人
さらにはお金を払って働いている人も
います。
NPOとかボランティアはお金を貰って
いないし、交通費を払ってすらいます。
時間とお金の一部を奉仕活動に使う事は
素晴らしいと思います。
とはいえ、働いてもお金がもらえないことは
普通にあると言う事です。
だから仕事をせずに稼げって言う事では
ありませんよ。
仕事をすることと

稼ぐ事を切り離して考えることは

独立して稼ぐちょっとしたコツです。
そしてこの考えは極めて理にかなった
ものです。
そもそも、あなたが働いているかどうかなんて
お客さんには一切関係が無いことです。
お客さんにとってはあなたが提供してくれるものが
全てなのですから、

それに合わせて対価を頂けば良いのです。
例えば、

行政書士さんの場合でいうと
あなたが書類を作って提出など手続きするのに
3時間必要だとします。

でもお客さんにとっては6時間かかるとすると

あなたにとっては3時間でもお客さんにとって
は6時間分の価値があるわけです。

さらにそのお客さんが社長さんであれば、
6時間あればどれだけ稼げるのかと
考えるとその価値は計り知れませんね。
稼ぐためのしくみを作るのも
マーケティングの一部です。
価格をいくらにするのか?

いつお金を頂くのか?
奥が深いです、、、

 

特にお金をいつ頂くかというのは

結構面白いです。

 

先払い、後払いだけでなく

分割払い

,クレジット払い

 

はたまた、ポイント払いとか

 

凄いたくさんあるので常に研究

してます。

 

ではまた。

稼げる資格とマーケティング

稼げる資格はなんだろう?

と考えていました。

検索してみると
稼げる資格について探して
選択の基準とか
これだ!とか
言っているようですが

そもそも稼ぐのに資格なんて
必要ありません。

そして、資格があっても稼げないのは
そこに理由があります。

そもそも稼ぐに当たって必要なものは
資格ではなかったのです。

それに気づかずいくら稼げる資格を
探して、高い講座料金を払って
資格を取ったとしても、講座料すら
稼ぐのは簡単ではありません。

そしてノウハウコレクターが
出来上がってしまうわけです。

あなたがまだ複数のノウハウに
手を出していなければ幸いです。

稼ぐなら必ず学ぶ必要があり、
資格を教えてくれる人が教えて
くれない”あること”があります。

それは、

”マーケティング”

”セールス”

です。

これに気がつけないのは、
学校で教えてくれないからです。

学校では言われた事をやればいいですよね。

だから、言われたとおり資格をとって
来られたのだと思います。

しかし、学校では商売のやり方は教えて
くれません。

たとえ、経済学部であってもです。

そして、おそらく商売が誤解されています。

商売は
”作って売る” だけだと
誤解されています。
昔は、それで良かったのです。
作れば売れる時代でした。

しかし今は違います。

作っても売れない時代になりました。

もう、20年以上前からです。

その理由のひとつとしてものが十分に
行き渡ったからだと言われています。
例えば、TVとか冷蔵庫が無いのは
特殊な趣向の方だけですよね。

こうして、
作っても売れなくなった今の時代
だから、売る為のノウハウ

”マーケティング”と”セールス”
は稼ぐために欠かせない要素になりました。

是非、次の資格を探す前に
マーケティングとセールスを
身に着けてみてくださいね。

==================================
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

聞きたい事、分かりにくい事などありましたら
コメント頂けますと嬉しいです!

日本人は真面目すぎてビジネスには向かない

ビジネスとは
価値を提供して
対価を得る活動です。

これを利益の面で考えると

活動に対して
対価をたくさん頂ければ
利益が大きくなります。

価値が大きくなれば
それだけ対価を頂きやすくなります。

価格を上げられると言う事ですね。

報酬を増やせると言ってもいいでしょう。

また、
活動するには時間とお金が必要です。

コスト、ですね。

コストは少ない方がいいに決まっています。

つまり時間もお金もかけない方が
良いわけです。

しかしながら、多くの真面目な人が
やってしまうのが、
時間をかけて価値を増やそうと
することです。

価値を増やすのは良いことですが、
時間をかけるのは良い事ではありません。

「楽して稼げと言う事ですか?」

そうです。

楽して稼いでください。

「ズルして稼ぐなんて嫌ですよ」

いいえ、ズルして稼いでください。

とはいえ・・・
楽するとかズルするとか言うのは
日本人の美意識に反しますね。

だからこう考えた方が良いと思います。

”工夫する”

時間もお金もかからないように工夫する
んです。

やることは全く同じなのですが、
イメージが変わったと思います。

むしろ工夫しないのは誠実とは
言えないですよね。

大いに工夫していきましょう!!
とは言っても工夫するのは
大変ですよね。

だから一番簡単な工夫について
ひとつお話します。

それは、

”真似をする”

です。
過去の成功事例を使うとか
他社の成功事例を使うとか
多業種の成功事例を使うとか
ビジネス書を読むという話です。
過去の成功事例については、
いかに”そのまま”やるかが
大事です。

特に他社の事例を使う場合
これは難しいから、、、と言って
手を抜くのはいけません。

分かっていても簡単ではありません、
覚悟して進めましょう。

それともう一つ大事なのが、
明らかに改善するのでない限り
手を加えてはいけません。

慣れないうち正確に真似するのが
一番です。

効率化するのは一見良さそうですが、
ビジネスについてよほど詳しくないと
思うようにするのは簡単ではないでしょう。

他社の事例をどうやって学ぶのか?

それは教えて貰うのが一番早いです。

ビジネス書、HP、セミナー、コンサル
など色々な方法があるので、探ってみて
くださいね。

ではまた。

資格を取っただけでは分からない、ビジネスの全体像(しくみ)

格を取って●●を売り始めた方が
売上げが上がらないのは、
ビジネスの全体像、しくみを
知らないからなのです。

ビジネスは
お客様と
商品・サービスが
あるのは絶対条件なのは分かりますよね

そうなると
商品・サービスを
お客様に見せて売り始める訳です。

これは厳しいです。

昔は、それでも商品・サービスの種類が
少なくて選びやすかったのと、そもそも
持っていなかったので買ってくれていたのです。

「えっ、持っていないってそれは
今でも一緒じゃないですか?」

そうですね、買っていない商品・サービスは
まだ持っていないのは当然です。

しかしながら、昔はそれに代る物も
無かったのです。

「代る物?」

昔はTVに代るものはありませんでしたが、
今ではパソコンでもTVは見れますし、
スマホでもいいです。

そもそもTVなんて見なくてもゲームしたり
インターネットでニュース見たりすれば
いいだけです。

つまり、競合がすごい多いのです。

しかも、既に何かしら持っていて
それで代用できる場合が多いです。

それは、もう売れませんよね。

従って、商品をそのまま見せても
お客さんは要らなそうにするだけなのです。

だから、きちんと説明する必要があります。

お客様にとって代用がきかないほどの
商品である理由を説明する必要があります。

これでようやく売る事ができるように
なりました。

「そんなこと言っても聞いてくれる人なんて
いませんよ・・・」

そうです。

聞いてくれません。

だから聞いて貰うためのプロセスが
必要です。

あなたなら誰の話なら聞くでしょうか?

おそらく信頼できる人を思い浮かべたと
思います。

そう、信頼される、ことが大事なのです!

私はこれを信頼構築と呼んでいます。

心理学の用語にもありますが、
ほぼ同じ意味です。

「それってコミュニケーションの技術ですよね?」

そうです。

ですが、ビジネスの場合にはもう一つ
使える方法があります。

それは、商品を使う事、です。

お客様は商品を使う事によって、
信頼を寄せる事になります。

つまり、商品をなんとかして使って貰って
信頼して頂き次の商品を買って頂く

これを繰り返していくことが
ビジネスの肝なのです。

実際は信頼するまえにお客様がいなくては
仕方が無いので、最初は人を集めることに
なりますが、これは当然ですよね。

まとめると、ビジネスのしくみというのは

人を集めて
信頼構築して
売る

という3つのステップを回すことなのです。

この中で素人には分からないのが
信頼構築する
ことなのです。

正確には売り手になった瞬間に
忘れます。

自分では信頼構築して貰ってからでなければ
絶対に商品なんか買わないのに

売り手になった瞬間それを忘れて、
商品を売り始めてしまう、、、

もし保険を買ったことがあれば
分かると思うのですが、
営業マンを信頼したから契約した
はずです。

信頼出来ないのに契約したいとは
思いませんよね?

はい、だからおおいに信頼されましょう。

手段はたくさんありますが、
まずは意識していくのが大切です。

ではまた!

競合が分かれば売れる?

マーケティングを戦略的に考える

言い換えると長期的に使えるように

考える時以下のようにするとシンプルである。

1.Battle Field 競合
2.Asset 独自資源
3.Strength つよみ
4.Customer 顧客
5.Message メッセージ

ということで久しぶりだが最初の

Batte Field 競合について

競合とはなにでしょうか?

売上げを取り合う相手ですか?

そうですね。

ではその相手はどこにいるでしょうか?

 

同じ業界ですか?

 

惜しいです!

 

高度経済成長の頃はそうだったらしいですね。

 

ですが、現在は業界の外に競合がいることは

普通に起きています。

 

例えば、マクドナルド。

 

ハンバーガーを売っているのは知っていますよね。

 

じゃあハンバーガー業界でロッテリアやバーガーキングと

競合しているかというとそれだけではありません。

 

コーヒーカフェとも競合しています。

 

そうマクドナルドでは、

ローストコーヒーを販売しています。

 

 

他にも、軽食という観点で言えば

吉野屋とも競合しています。

 

このように業界を越えた戦いが

起きているのです。

 

業界は競合とは関係無くなりました。

 

どうしてこのようなことになっているのかというと

そもそも業界内で競合しているというのは

違っていたからなんです。

 

ただ、人々の好みがみな同じようになっていた

のでまとめられていただけなのです。

 

では競合というのは何かと言うと、

”お客様が比較検討している選択肢の集まり”

なのです。

 

 

例えばコーヒーであれば、休憩しつつコーヒーを

楽しみたいという方はマクドナルドのコーヒーも

ドトールのコーヒーも選択肢に入りますよね。

 

仕事の合間の昼食であれば、マクドナルドも

吉野家も選択肢に入ると思います。

 

このように他業種が入ってくるのが

普通なのです。

 

ここでポイントなのは、

お客様が欲しいものを提供している

のはみんな競合になるということです。

 

ベネフィットが同じだと言えます。

 

つまり同じベネフィットであれば

競合するわけですね。

 

仕事の合間の昼食であれば、

お弁当屋さんやコンビニなんかも

選択肢に入るでしょう。

 

そこのところもっとよく見て

競合を調べてみてくださいね。

 

さて競合を調べるのは、

競合と差別化するため

なのはご存じかと思います。

 

さて次は独自資源ですが、

つよみの話を同じにしていきます。

 

つよみ、つまり差別化要素は付加価値をつける上で

欠かせない要素になります。

 

それではまた。

最強のコンテンツマーケティング

こんにちは、新井です。

予告が次回のものでは無くなっています。

 

今回はコンテンツマーケティングについて

お話したいと思います。

 

コンテンツは、商品と違って物体が

無いものです。

 

サービスとか情報商材とかですね。

 

例えば、マッサージとか、音楽ライブとか

〇〇塾とかはコンテンツになります。

 

音楽はCDとかDVDにすると

商品になるので若干分かりにくいかも知れません。

 

はっきり分ける必要はありません。

 

ビジネスで重要なのはコンテンツは利益率が

非常に高いことです。

 

90%以上とかになります。

 

これが非常にビジネスで有利なのは

考えるまでもないですよね。

 

だから”コンテンツマーケティング”が

もてはやされる訳です。

 

このコンテンツですが、”商品”につけることも

できます。

 

商品に使い方の動画をつけるとかですね。

 

説明書とちがって使い方マニュアルと言います。

 

商品があっても使い方が分かりにくいものというのは

けっこう存在します。

 

他にも、新しい使い方を載せるというのもあります。

 

レシピをつけて食材を売るようなものです。

 

使い道を教える事で商品を売るわけです。

 

うまくすれば価格を上げることもできるでしょう。

 

もっともコンテンツの利益率が高いのだから

直接コンテンツを販売した方が利益を上げやすいですよね。

 

だからコンテンツを作ることが大事です。

 

じゃあ一体どんなコンテンツを作るのが

良いのかというと、

 

1つはお客様の要望があったところを

コンテンツにするということです。

 

もう一つは情熱があって止まらないものを

コンテンツにすることです。

 

マーケティング的には

 

前者は早く利益が出ます。

 

ただし、その分ライバルも追従してくるので

すぐに利益拡大が難しくなります。

 

後者はヒットするまでかなり時間がかかります。

 

ただし、ライバルがいないので大ヒットさせることが

できるでしょう。

 

どちらがいいかは、人によります。

 

後者はヒットするまで時間がかかるので、

誹謗中傷しかなくても続けられる熱意が

必要です。

 

なので、かなり人を選ぶでしょう。

 

このコンテンツですが、自分の中にコンテンツが

あると思います。

 

ただ、自分では見つけにくいです。

 

なぜかというと、

”自分では価値を感じない”

からです。

 

他の人にとって価値のあるコンテンツというのは

あなたにとって当然と思っているところにあります。

 

あなたの友人やお客様に聞いて見ると

けっこう分かりますが、ビジネス経験の無い方だと

分かってもビジネスにするのは難しいかも

しれません。

 

コンテンツを生み出すのとビジネスにするのは

また別の話です。

 

そこは改めて考えるか、専門家に相談してみましょう。

 

ビジネスプロモーターはコンテンツを付加して

利益を上げるということをプロセスの一部と

しています。

 

はい、これは宣伝です。

 

私もコンテンツを作る事を常に考えています。

 

スカイプで無料相談を受け付けていますので、

この下のコメント欄に「相談したいことがあります!」

とコメントをください。

 

入力されたメールアドレス宛に返信いたします。

 

それでは。

全てが世界一になる

こんにちは、
新井です。

あなたは普段の行動を
何げなくやっていませんか?

普通はふかく考えないでやっていると
思います。

いちいち細かく考えていられませんですよね。

でもそこをしっかりと考えて

”世界一にする”

と決めていったら普段の何げない行動も
変わっていくと思うのです。

なんて、半分は自分言い聞かせて
今も姿勢を正しました。

余談ですが、
宇宙一にはしませんでした。

宇宙まで広げても比較対象が
イメージできないためです。

そのうち宇宙一を目指し始めるかも
しれません(笑

あなたも”世界一にする”

やってみませんか?