カテゴリー別アーカイブ: 未分類

66%の損失を防いで3倍儲かる性格マーケティング

人によって性格ってちがいますよね。
その違いの影響はおおきな損失を
生み出しています。

。。。
性格がみな違うというのは
十人十色と言うようになんとなくは
分かっているかと思います。

じゃあそれを普段気にしているでしょうか。

だいたいの人は気にして無いです。

というより気にするのが難しいこと
なのです。

これは脳科学的に

”自分の信じていることを信じる”

という機能のためです。

この機能があるために、

あなたと相手が違うことを
忘れてしまうのです。

「自分と同じように考えるだろう」
と思ってしまうのです。

よく考えれば違うことは
分かるのにです。

私も昔は、「なんでこの理屈で
納得しないんだろう。頭悪い
んじゃないか」と失礼なこと
思ったものでした・・・

そんな機能いらないんじゃないか?

と思うかもしれませんが

あなたがあなたであることを
信じる機能でもあるので、

無かったら自分が何であるのか
分からなくなってしまい
精神崩壊して廃人になって
しまいます・・・。

なので、無くすというのは
難しいかと思います。

このように相手を自分と同じようだと
思うので、その違いを忘れないように
しておくと普段の会話でのすれ違いが
減ってより仲良くしやすくなるでしょう。

奥さんとか子どもとか友人とか
上司とか同僚とか業者とか
普段話している方と話す時に
意識していれば
何でこの人はこんなこと言うんだろう?
だとか
どうして分かってくれないんだ
などと

いちいち
イライラしなくて済むように
なれると思います。

おっとビジネスで重要という話でしたね!

ビジネスでもイライラしないのは
良いと思いますが、
それよりも、話し方やコピーで使うなら

対応しておきたい3つのタイプがあります。

一つ目は
直感で決めちゃう型
キャッチコピーだけとか、冒頭の話を
しただけで決めてしまう人です。

長い話や文章はスルーします。

行動的な方が良く当てはまるので、
起業家には割と多いです。
二つ目は
理論型
なぜなのかどうして出来るのか
納得できれば決めます。

長い話や文章を読んで中身に
納得するまで決めないでしょう。

ただしキャッチコピーで引っかからないと
読んでくれないのは当然なので常に読んで
くれる訳とは違います。

控えめで真面目な
日本人に多いタイプです。

私もこれですね。

三つ目は
共感型
お客様の声や知り合いの意見で
決める人。

これはあった方が良いのは
分かりますよね。

ただ、自分がこのタイプだと他が
おろそかになるので、注意が必要
なのです。

理論タイプの人にお客様の声から
入ると「知るか!」って思われて
ます。

特に30代くらいの人達って、
”人と違う事が素晴らしいことだ”
という中で育ってきたので、
他人は他人と考えています。

人が良いと言っているから大丈夫
と思わない人達です。

さて、三つのタイプあなたは
どれが当てはまったでしょうか。

性格は三つだけではありませんが、
ビジネスでは全てを網羅するのは
意味がありません。

対応コストが利益に見合わなくて
赤字になってしまいますからね。

お客様向けに文章を書く時には
3つのタイプがあることを意識して
かいておくといいですね!

今回は

行動、感情、共感の3タイプについてお話しましたが、

他にも

なぜ、なに、どうやって、いますぐ という
行動したくなる説得内容や

人、場所、モノといった興味がある対象
とかもあります。

コピーであれば、それぞれに響く言葉を
用意すると漏れが無くいけます。

目の前にいるなら、何に興味があるのか
その価値観は何かを分かる事ができれば
無敵になれるでしょう。

でも間違えても脅しちゃダメですよ。

ではまた!

ここまで読んで頂き
ありがとうございました。
もっとここが聞きたいなどリクエストが
ありましたらご気軽にコメントや
メッセージを頂けると嬉しいです!

失敗事例に学ぶ

経済省で失敗事例のレポートを作ったとのことで、

見てきました。

 

ひとつ取り出してみましたが、

マーケティングからの視点はだいぶ抜けていますね。

 

恐らく誰もその視点が無かったのだろうと思います。

 

あったら失敗事例に乗れないですしね。

 

さて一つ目は業界に逆風がある中

業績を伸ばした話でした。

 

エレベーターの補修とかの会社なのですが、

事故があったのですね。

 

これを逆風だと記載されていましたが、

私から見れば追い風です。

 

事故のお陰で既存企業のネームバリューが

下落したのですから、

無名の会社は営業力だけで勝負出来ます。

 

ネームバリューに頼って営業力を伸ばしてこなかった

既存企業に対して営業力で勝つのは簡単ですね。

 

まさに追い風となったわけです。

 

今は安泰な業界でもいずれの日か

不祥事が表に出て逆風がふくものです。

 

逆風がきたとしても

”マーケティング”と”セールス”さえ

出来ていれば何も怖いものはありません。

 

むしろ競合のみ弱体化して一気に業績を伸ばすチャンスです!

 

逆風の吹いている業界もまたチャンスですね。

 

それではまた!

平凡で無い事はいいこと

ウェブで
MBTI試験を受けてみました。

自己分析のひとつですが
人の性格傾向を分析的に
出すものです。

結果は
INTP型
でした。

論理学者タイプです。

知性を活かして戦うタイプです。

あらゆるものを綿密に考えて
行動に移そうとするため、
自分の考えに欠陥がないか
というあての無い不安になる事があります。

すごく当てはまっていました。

うまくできていますね。

私の特性は深謀深慮なので、アドバイザー
やアイデアを出す立ち位置が良いです。

考える事とその対象が世界の全てなので
自分がおろそかになるのが問題なのですが。

さて無駄話が多かったですが

世の中には色々な考え方の人がいます。

性格診断は自分を分析するのも大事ですが

相手の事を考えるのが大事です。

相手の性格パターンが分かれば
対応するのは簡単になるというわけです。

と、マーケティングに寄った話になりましたが、
一般的には相手にも色々な性格があるので
物事の受け取り方も異なり、当然対応も
変わってくるというものだと

思っておくと、いらいらすることも減るのでは
ないのでしょうか?

そういえば予告の内容を書いていませんでしたが
それはまた次回で。

それでは。

お金持ちなら誰でも知っているお金を稼ぐ非常識

浪費と投資

お金の使い方のお話です。

浪費はお金を使い捨てるという
話で、これは誰にでも分かる事
だと思います。

言い換えると、
お金を使ったらなくなるという
事です。

当たり前ですよね。

ですが、使ったお金で何かを
手に入れると、それは残りますよね。

この残るものには、冷蔵庫やパソコンみたいな
家具や家や土地のような不動産とかが
あるのは分かると思います。

こういったものが残る使い方が投資という
のがなんとなくイメージできる範囲です。

ここまでは貧乏人の考え方です。

お金持ちはもっと明確に浪費と投資を
考えています。

それは、
投資はお金になる
です。

お金が増えるって事です。

この考えだけでもお金持ちになれる人が
いるくらいすごい考え方ですね。

有名な本「貧乏父さんお金持ち父さん」(でしたっけ)
にも書いてあります。

投資はお金になると考えると
家具は投資じゃ(大抵は)ないですね。

家や土地も場合によっては違います。

じゃあ、なにが投資なのかというと、、、

スキル(知識、経験)

人脈

ですね。

普段のお金の使い方を
見直してみてくださいね。
次回予告(予定は変更されるかも知れません)
時は金なりと言うように
時間も浪費と投資ができます。

という話をしたいと思います。

ではまた。

チョコはいりません

タイトル正直遅かったと思いました。

朝カカオ分の多いチョコレートで
カフェインをとっていましたが、
コーヒーがあれば空腹感も
感じにくいのでいらないですね。

ただ、缶コーヒーではだめです。

おそらくは油分をきちんとカットして
あるのでしょう。

いまのところは良い調子です。