商品を売る前に想いを売り込むーベネフィットからフラグシップへ

「何」ではなくて「なぜ」で商品を売る方が
より魅力的でファンが獲得しやすいと
思いませんか?

ビジネスをはじめて商品を
売り始めると、

ついお客様の利点を忘れて
商品の説明だけをしてしまいがちです。

30年前だったらそれで
商品は売れていきました。

しかし、10年くらい前からそれだけで
は売れなくなってしまいました。

皆が既に商品を持っている状態に
なったからです。

現在ではさらに状況がすすみ、

商品があふれています。

人々は毎日たくさんの商品にふれながら
過ごすようになりました。

さらに困ったことに
この商品の中には良い物も悪い物も
あったのです。

あなたも注文した料理が不味かったり、
買った機械がすぐに壊れたり、
使い方が分からなくて捨ててしまった
ものがありませんでしたか?

これらの経験から、商品について説明しても
簡単には信じられなくなってしまいました。

まずは信じて貰うことが大事になったと
いうことです。

あなたも信用している保険の営業の方から
なら保険を申し込んでもいいと思いませんか?

これをやる上で大事なのは仲良くすることも
ありますが、

フラグシップをつくるという方法があります。

iphoneを作ったアップルが仕掛けて成功した
方法です。

スティーブ=ジョブズのプレゼンテーションは
有名なので見たことがある方もいるかもしれません。

その中で、ジョブズは

「世界を変えます」

と言っています。

これにファンになった人は
アップルの製品を買うように
なりました。

積極的に宣伝もしています。

横道にそれますが、
パソコンの互換性の問題が完全に解消されないのは
アップルの策略ですね。

ファンが製品を薦めやすい理由を作っています。

話をもどすと、

世界を変えるために
商品を作っているという
理由をつけることで、
ファンを作って売っているわけです。

ちょっと上場企業だと規模が大きすぎるので
お花屋さんで考えてみますね。
①商品を売る、②ベネフィットを説明、③フラグシップ
とすると、
①可愛い花を売っています。
②あなたの生活に癒やしを与えます。
③心を癒やし世界に平和を
あなたに平穏をもたらします。

③の方がちょっと良いと
思いませんか?

応援したいと思ったら
あなたはすでにファンになっています。

という感じです。

これは効果的なので、
是非やってみてくださいね。

あなたのフラグシップ教えて頂けると
嬉しいです!

一緒に世界を変えましょう!

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です