ストーリーをマーケティングで使う方法

小説でも書いて稼ぐというのでは
なく、商品を売るのに使います。

ストーリーを使えば、
興味を引くことができます。

そのなかで商品について語れば
興味を持って読んで貰いやすいのです。
ドイツのあるビールメーカーの
話で面白い話があります、

売上げに伸び悩んでいて、
プロに相談したところ、

「ビールの製造工程を公開しましょう」

って言われたそうです。

そこで公開したところ

かなり手間暇かけて作っている
というのが伝わって売上げが
上がったのです。
ストーリーって言うと
難しく感じるかもしれませんが、

苦労したり、こだわったり
時間やお金をかけてやってきた
ことって必ずありますよね?

ビール話のように手間暇かけた話とか
苦労話とかはきちんと語ると
”商品の価値”が分かりやすいのです。

話の流れは”プロジェクトX”とか
”下町ロケット”あたりを
参考にすると感動的なストーリーが
できそうですね。

是非考えてみてくださいね。

ここまで読んで頂き
ありがとうございます!

ストーリーには鉄板と呼ばれる構成があります。

ハリウッド映画はこの構成じゃないと
候補にすらならないらしいです。

ハリウッド映画と言うと
「バックトゥーザフューチャー」とか
「スターウォーズ」とかです。

それだけ王道のストーリー言う事ですね。

そこでは必ず

1.旅立ち
何のちからも持たない一般人の主人公が
あるきっかけで事件に関わることを決意

2.困難
当然すぐに行き詰まる

3.出会い
師匠に巡り会ったり、
反撃のキッカケに気づく。

4.新たなちから
新しい力を手に入れる。
新しい案を思いつく

5.敵
新しい力で敵を倒す

6.帰還

先に書いた、苦労話では
必ずこれらが入る入っていますよね。

だから面白い話になります。
それぞれのフェイズでもっと
マーケティングで使う
コツも紹介しますね。

1.旅立ち
読み手と共通のところがある主人公
にします。

2.困難
強ければ強いほど良いです。

3.出会い
これが”あなた”になるように
する。

4.新たなちから
USPが分かりやすいと
すごくいいです。

5.敵
気持ちよくたおしましょう。

6.帰還
祝福してくれる人がいて
結婚とか明るい未来を描けると
なお良いです。

”次はあなたです”

ここまで読んで頂き
ありがとうございます!

 

あなたの商品・サービスのストーリーを
是非聞かせてほしいです。

考えるのに良い機会になりますし
ここなどで紹介したいと思います。

「と言っても自分で考えるのは
きついなあ」と言う方は
私がストーリーを引き出します!

スカイプでやるので、1,2時間
くらいを見て頂ければと思います。

ご相談はコメントでください。

入力されたメールアドレスに
ご連絡致します。

なお、メールアドレスは非公開
ですのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です